女の人

鬱の予防や再発防止のために|簡単なチェックをしよう

  1. ホーム
  2. 鬱であると診断されたら

鬱であると診断されたら

書く人

最近やる気や意欲が全くなくなり、鬱病チェックなどで鬱かもしれないと出たとします。それから病院へ行き、鬱と診断されたという人は、病気であるとしっかりと受け止めることが大事です。自分は鬱ではないと考えてしまったり、軽く受け止めることが無いようにしましょう。そして医者に自分はどの程度の鬱なのか聞きましょう。一口に鬱といっても症状や重さは人それぞれです。生活を改善するだけで治るものもあれば、薬の服用が必要なものもあります。中には入院が必要になることもあります。医者に自分の病状がどの程度進んでいるのかチェックしてもらいましょう。この時にできれば家族の方と一緒に来院して一緒に話を聞いてもらいましょう。
そして、セカンドオピニオンのために、他の病院でもチェックしてもらいましょう。鬱の診断は難しく、医者によって基準がことなる場合もあります。また、鬱ではなく、不安障害や統合失調症など、他の病気の可能性もあります。症状の出始めや、最初の診断が大事です。自分が今どういった状態にいるのかなるべく把握しましょう。
うつだということでショックを受けるかもしれませんが、うつは軽度から重度のものまで様々で、誰もがなる可能性があります。いくつかの病院でチェックしてもらい、鬱だと診断されても、自分の生活スタイルを見直す良い機会であると考えると良いでしょう。病気になったということは、今までの生活習慣が自分に合っていないということです。そして、病院で診断書などを貰い、家族や職場で現在の自分の状態を話しましょう。家族や職場の人へ自分がうつであると伝え、理解してもらいましょう。家族の人にはできれば一度病院に来てもらい、家族としてどういったサポートをしていけばいいのか医者から話してもらうと良いでしょう。職場に鬱であると伝える場合は、自分の状態を医者とよく話して把握し、どのように伝えればいいのかアドバイスをもらいましょう。医者は周囲へどのように伝えるとよいサポートが受けられるのかということも分かっているので、生活面も含めていろいろ相談しましょう。
このように、鬱であると診断された場合は、その事実を一旦受け入れ、自分がどのくらい症状が進んでいるのか確認し、家族や職場のサポートを受けられる状態にしましょう。