簡易診断でうつ病早期発見

鬱の予防や再発防止のために|簡単なチェックをしよう

鬱であると診断されたら

書く人

もしも自分が鬱であると診断されてしまったらどうすればよいでしょうか。自分が鬱であると自覚して鬱についての正しい知識を持ち、まわりの人からのサポートを受けられるようにするためのポイントをチェックしましょう。

鬱病の再発を防ぐために

男女

鬱は特に再発しやすい病気であるといわれています。一旦は病状が回復に向かったとしても、3年以内に再発してしまう人も多いといわれています。再発すると前よりも症状が重くなることもあります。鬱にかかって今は回復しているという人も、鬱のチェックなどを定期的にして再発を防止するようにしましょう。再発の防止のためにはどういったことが必要かいくつか紹介します。
まずは、症状が良くなったと思ってもすぐに薬の服用を止めないで、段階的に薬を減らしていくというものです。ある日いきなり薬をやめるのではなく、1年以上かけて薬を減らしていくことが多いです。鬱の症状がかなり重かった場合は数年単位で時間がかかることもあります。症状が良くなったらもう薬なんて必要ないと考えてしまうかもしれないですが、医者とよく相談しながら徐々に薬を減らしていかないと、再発するリスクが高まってしまいます。決して自己判断で薬を止めてしまわないことが大切です。
次に、自分が鬱症状になっているときにどういう思考回路であったか把握しておき、その思考回路に近づいてきたら注意するというものです。鬱症状のときにどういう思考回路であったかというチェックは、自分では難しいです。カウンセリングの時の情報を医者に教えてもらい、この思考パターンになったら要注意ですという指標をもらいましょう。普段から自分の思考回路について気をつけることも大事です。やらなくてはいけないことが多い時に、こんなにたくさんは抱えきれないと悩むのではなく、今すぐにすべてやらなくても問題ないといった考え方や、家族や同僚に手伝ってもらおうと考え、なるべく自分の負担を減らしていくようにすることが大切です。これからどういった思考をしていけば、鬱の状態を回避できるのか、医者としっかりと話し合いましょう。鬱から回復したとしても、通常の社会生活を営む場合、予期せぬストレスなど避けられないことがあります。日々の考え方次第で、どれだけストレスが溜まるのかが変わりますので、自分でチェックしながら健全な生活を続けていきましょう。
また、夜になかなか眠れない時期が続いているというときも要注意です。眠りが浅かったり、夜中に何回か目を覚ましてしまうことがあれば、早めに医療機関に相談しましょう。睡眠では、体力だけでなく、脳や心理状態も回復することが出来るのですが、眠れなかったり、眠りが浅くて朝起きるのがつらいという場合は、心も体も疲れが溜まっている状態が続いてしまっている可能性が高いです。日々のストレスを睡眠でリセットさせることなく、徐々に溜まっていってしまうので、知らない間に大きな負担となり、鬱を再発してしまうことがあります。睡眠には十分に注意しましょう。
適度な運動もとても大事です。体を動かすことでセロトニンなどの脳内物質がしっかりと分泌され、心や体の調子の良い状態が保てます。また、適度な運動はストレス解消にもとても役立ちます。運動といっても本格的なスポーツをするわけではなく、家のまわりを散歩したり、公園で体操したりといった軽いもので十分です。いきなり激しい運動をすると、かえって心と体に負担がかかってしまいますので、最初は軽いストレッチやウォーキングなど、無理せずに出来るものからはじめましょう。
鬱の状態からかなり回復して、仕事や学校などに復帰するとなったときも注意が必要です。いきなり前と同じようにフルタイムで戻るのではなく、職場や学校と相談して日数を減らした状態からはじめ、徐々に増やしていくと良いでしょう。また、職場や学校の人たちと相談し、きつかったら早退などさせてもらえるよう前もって言っておきましょう。大事なのはきつい時に頑張ろうとすることではなく、苦しい時にまわりを頼れるようしておくことです。まわりに自分が鬱で苦しんでいると理解してもらい、なにかあった時は助けてもらえるようにしましょう。
大事なのは自分で鬱であると自覚することです。回復してきたからもう大丈夫ではなく、鬱は再発しやすいということを知り、時々カウンセリングを受けるなどして、その時の自分の状態を客観的に判断してもらいましょう。

鬱の可能性がある体の症状

頭を抱える人

最近何をやっても楽しくないという人や、睡眠状態が良くないという人は、自分でできる鬱の可能性チェックをしてみましょう。該当が多いという人は周りの人に最近の自分がどう映るか聞き、適切な医療機関で診断を受けましょう。

うつ病最新ニュース

聴診器

鬱病はそのメカニズムがしっかりと解明されておらず、日々新しい発見がされています。ここでは鬱の最新情報についてチェックしてみましょう。鬱病の今についてわかってきます。